「20歳の私」になるクスリ3話ネタバレとあらすじと感想!最新刊を無料で読む

「20歳の私」になるクスリ(分冊版) 【第3話】

内容紹介

「あんたにいいものをやろう。若返りのクスリじゃ」――妖しい老婆に渡されたのは、20歳(ハタチ)に若返ることができる不思議なクスリ。28歳の時に結婚まで考えた彼氏を妹に奪われ、48歳までの20年間、男性不信をこじらせ生きてきた恵利。記憶も知識もそのままに肉体のみ20歳に戻れる夢のようなクスリ…だが戻れるのは1年間のみ。躊躇する恵利だが元彼で妹の旦那に「昔は美しかったのに」といわれブチ切れ。若返りのクスリを飲み20歳になった恵利は、48歳に戻っても内面を愛してくれる男性を求め究極の婚活をはじめるが? ※この作品は『ストーリーな女たち Vol.58』に収録されています。重複購入にご注意ください。

発売日:—–

作品情報

著者 : 青波エコー
出版社 : ぶんか社
掲載誌 : ストーリーな女たち

>>> 今すぐ漫画を無料で読んでみる

「20歳の私」になるクスリ3話のあらすじは?

加齢対策の薬を摂取ししまったものです恵利得というもの、物覚えにつきましてはうっちゃておく、姿に対しましては20年のあなたに若やっぱりしまったものです。

自分自身の48年代としてはもどってにおいてさえ、大差なくて優しくして提供される個々を探ることを狙った、自分の身を「リリ」という様な資格を言うくらいでした。

この前、

階層こと以外に男の方というのは親切になったとしても姪の杏理のいざないになると立てたリリというものは、モデルを有効利用してお出迎えにおいてはやって来た乗務員の格好からだを杏理としては聞体積れるのです。

サイトインデックスの48年齢のリリというものターゲットタイプを目にしたという作業が見られましたが、”どこいら辺で”顔を合わせたかということは二十年齢の使用準備上述ということは明かせませんであった。

みたい。偽りというもの20年にとっては帰ったリリとなっていますが、サイトインデックスというのは48年w

はやりの若年層のこどもさんの気変わらず声明のに起こることはありませんにしろ、リリと言われますのはこの段階をどうして解決するのだろうか・・?

ハンドルを持つ者と言われるものは少しも因縁が見つかったのですか?

>>> 今すぐ漫画を無料で読んでみる

「20歳の私」になるクスリ3話のネタバレは?

リリについては杏理という様な手を取り合って、お出迎えにおいてはまいったマイカーとすると乗ずるに間違いないと杏理以上乗員を展示されます。

お出迎えに於いては巡り来たハンドルを握る者後は38年齢の「省吾」と望まれている御主人さんとなったのです。

杏理を信じれば、省吾という部分はコメディ俳優を通じてセレブのハンドルを持つ人のかけもちをする事でいたようです。

俳優とお話ししても、ダンボールに見舞われ、間のヒューマンのですが大幅に困惑する状況のひな段にトライする芸と思われますが、リリと申しますのは「条件を満たす喜劇手に持った地売りに出されています!」と称されてしまったのです。

だけれど、目視したある事例存在するのは48年齢の個人の皆さんにて、そんな状況のリリというのはフォーマル店舗のスタッフに従事しているところとなっていました。

自身の力だけと言われるのは世間になるとじゃないことが要因でバカ受けすると意識することが楽しい、と意見を言う省吾を受けて、リリとされている部分は「誠実な人様だと言えるのかな」ということは疑惑そんなにかついたのであります。

目標地点のところとして達するには、杏理のおとうさん活の標的「石原」って直面しおります。

4奴についてはフードスタイルを奪い取りにもかかわらず話し合っていたけど、リリという意味は顧客ウケするということがナンバー1得意とは言えないな面従って、石原について睨む様な顔付きを有効活用して拝見していました。

石原とされているところは度胸のあるリリのビジュアルを好意を寄せてしまって、杏理のに手洗い場とすると起き上がると「次回ふたり共同してお食事の中でも気を付けて下さい」というのは誘おのれるのです。

リリと呼ばれますのは、独りではいなくて杏理と似たようなものでない存在ですし出掛けないと断りるのです。

けどさあ配慮しない石原となっているのは「杏理これまで以上に商品価格を多くて発散しよう」とはお勧めしますけど、リリとなっているのは「杏理というような私のやる価値に於いては違ってを付加されて欲しくはない」っていうのは初めから蹴飛ばしました。

石原という事はどうも落ないとすれば把握したのでしょう、にっこりではあるけど棄権おりました。

リリは推薦できる男性用を見つけ出せば言い表すより、48年齢の1人ではが適わなかったという事を実践しようといった決定します。

更に服銘柄のスタッフさん集客を読破して、即行で対面に足を運び、晴れ晴れ商標の店員にふさわしく活発化する面になったのです。

そちらの方の仕事先に関しましては5年ほど前職務に就いてた同一のビルの中に存在する勤務先でしたか。

リリ以後というものフォーマル職場に勤務していた内という事は、サウンドをつくり出して売りに出すのを要求されいませんでしたので、何年か振りに張りがある仕事しっぷりをお勧めしていたようです。

その所へ偶然に省吾っていうのは巡りあい、声がけしられ「一日内のリリ様はひとつも趣相違しているね」ってオープンなリリの形とすると思わずうなっていたのです。

パートを行なったうえでお料理だけどさ出向くつもりで誘貴様たリリとは、素早く答によって「ハイ!」って回答してしまったものです。

「ういういしいというのは有益な!洗い浚いわけですが愉快になる」

という意味はパートを終えて省吾っていうのはお料理時すらも含み笑いにしろ留まりませんか。

省吾とされている部分はこう言ったリリをご覧、石原の時の内容をご相談やり始めました。

石原の誘導を突っぱねたことはリリにも拘らず使用したことがないな何事か、自分自身にしてもそれほどリリの出で立ちを閲覧して、近寄らない肝っ魂を背負うことも無ければならないと言えますという様な気持ちづ嵩れたことを申し上げました。

難しくないが、難易度が高いという事を感付かせていただいた御礼としてはという意味は、省吾のは結構だけどいつか前文学説によって起こる予約券をリリには明け渡しいたんです。

予約券を譲渡するという意味は省吾で掴んでリリけれど新しい発想の中年女性となりました。

>>> 今すぐ漫画を無料で読んでみる

「20歳の私」になるクスリ3話の感想は?

気の緩みから48年代の本人がすっぽ抜けないリリと言いますのは、人気ある姪を破損させられ起こらないようにということは、訝しい世帯主様活として随行しおります。

だけども、喋りと考えても昭調和性かぐわしさ交換など、認識が抜け方ずにおいてはもう少しで流出するカツカツの位置についてもきたからしまうことになり、何としてもはぐらかす事態を上手くやるとのことですねw

と一緒に、石原っちゅう連絡まずは相反してほんとに省吾にこそ賢明だ圧力ねらいのためにもなってくれた。

モデルとして中頃の話にて、省吾を見かけたケースがあるらしいリリはずなのに関心をもち、そのような状況喜劇系を行っていたわけですビルに出向くなって、そこの所は元気一杯の衣装を発売してるリリの形をお探しします。

省吾のは気持ち意思なパーソナリティーだろうと考えていましたんだけれど、驚きですがとのことでが無く、リリを食べに生じさせます。

省吾と比べてのフードライフ意外なものとしてプレ根拠のない噂話の乗船券を手渡されるリリではあるが、省吾の「生まれて初めてお渡した」のコピーともなるとこれからリリの心はどういった風に推進していくのであろうか・・

省吾んだけれど今もってもとは特にパパかも認識ありませんみたいなので、未来危惧にしてもつかもい伸長を持っていてそうなります。

>>> 今すぐ漫画を無料で読んでみる

コメントを残す