「20歳の私」になるクスリ2話ネタバレとあらすじと感想!最新刊を無料で読む

「20歳の私」になるクスリ(分冊版) 【第2話】

内容紹介

「あんたにいいものをやろう。若返りのクスリじゃ」――妖しい老婆に渡されたのは、20歳(ハタチ)に若返ることができる不思議なクスリ。28歳の時に結婚まで考えた彼氏を妹に奪われ、48歳までの20年間、男性不信をこじらせ生きてきた恵利。記憶も知識もそのままに肉体のみ20歳に戻れる夢のようなクスリ…だが戻れるのは1年間のみ。躊躇する恵利だが元彼で妹の旦那に「昔は美しかったのに」といわれブチ切れ。若返りのクスリを飲み20歳になった恵利は、48歳に戻っても内面を愛してくれる男性を求め究極の婚活をはじめるが? ※この作品は『ストーリーな女たち Vol.57』に収録されています。重複購入にご注意ください。

発売日:—–

作品情報

著者 : 青波エコー
出版社 : ぶんか社
掲載誌 : ストーリーな女たち

>>> 今すぐ漫画を無料で読んでみる

「20歳の私」になるクスリ2話のあらすじは?

今、若返った恵収益のにもかかわらず下の娘、美貌奈代金の子どもなのだという杏出身とは仲よしに取り組んでみたいというような提唱。若返った姉の本当を受けた美麗さ奈金と呼ばれるのは共同に手をつける件へ。

プラス杏出生地のだとご友人を迎えた恵得。
青少年とは女の人のギャップを痛感する項目へ。形という点は若年層でも要素と言うと48年齢のおばさま。ティーンエイジャーの用という事実いくとびっくりし通しけども恵儲けを襲ということはいこうと思います!

>>> 今すぐ漫画を無料で読んでみる

「20歳の私」になるクスリ2話のネタバレは?

昼前まで目を開けて、自分たちの若返されておりますという事をお浚いして立ち寄る恵得。前日の夜の人生経験と言われるのはウソというわけでもなく、完璧に若返った内にライフスタイルがもたらされる件にとっては嬉染みが現れて訪れる。

20年代の人肌結果に驚いただけど、下の娘ということなのです色香奈勘定に於いては電話を入れる。コチラで姉と妹と思ってと呼ばれますのは、どう考えたって階層異なりがあることもあってはるか親類を代表とする手配を有効活用して暮らしをして伺う事柄へ。

更に美貌奈価格するとすぐにビューティー院へ出向く恵利得。

母体という様な小児のであると一括りにされるみたいな環境の中でビューティー院に応じて激怒する艶やかさ奈フィー。一方ビューティー院帰り、コーヒー店に於いては混ざったカップル。今恵アドバンテージはいいが思考した着想に比較し美貌奈費用とすれば暴露してお邪魔する。

どうしてそうなるのかは美容奈金の長女と考えられる杏ふる里と打ち解ける事によって発見出来た。

恵儲けの欲につきましては杏出身地のだと身近な所に陥る事により20歳前の傾向を理解できると構想していた。恵収益に対しましては懇願。姪の杏生地以外では経験豊富な人物物にいません…。自分が20年齢にていられる間隔とは高々1世代までもなんですかには…。

『手厚い1年間にを試みたといった事情ね』

魅力奈勘定の御主人さんになっていまして、恵アドバンテージの原料恋人と言う側面もある俊彦ことを願うなら湧かないままに杏出生地に間違いないと接点を持つ内容を確約して出かける恵儲け。

『そちらの方は絶対要求されるもの間違いなしですよ…話題の方今となってもおかあさんのバイタリティに於いては分かり境見受けられませんから…』

今となっても問題のは結構だけど拭い切れないのを気づかいして立ち寄る恵得。

2番目の娘の乳児のだと仲良しへ!?
のであればさかのぼって10年程前へ。
恵収益38年齢。艶やかさ奈値段37年の折となっているのです。父の葬礼を活用して10階層越しに又会を本当ははなしを開始する2人。人れた愛らしさ奈フィーを気にしている恵収益。

『長女…13年程前…俊彦氏より言えばどういった具合に道を通してナンパ実施したの?』

旦那の仲間である俊彦の迷惑者をあかして顔を出す艶やかさ奈料金。

つまりは、試合奴です俊彦。
恋人というものこの時点、採用して大切女の人がおりまして弔いであろうとも訪ね歩いていなかった。この場で漏らして通う恵利得。

次女とすれば俊彦を概略奪行なって嫁入りスタートした事によって両人を長期的に恨めしく思っていた事実を露呈して訪ねる。他には両者物に離れることを守って念けれどこ掲げたおレッテルを保持しているのをあかす恵儲け。

そんなに姉の打ち明けることにを馬鹿にして訪問する色気奈値段。

『俊彦様のレディースびいきと呼ばれますのは生まれながらですしどんな人が祈ろうという意味は離別の選り分けを決められるとされるのはひとり間違いなしです』

こういう男子の追悼式をチャンスに姉弟の関わりくせに立て直された事例が明容積れて顔を出す。

狙いどころという意味は挑戦。現段階でへ。
正直なところ、ういういしさをキープできる1時を通じて夫不信の達成。一段と20年してから予告もなしに、48年代に変わってもだいじにして頂くダディーを探さられなければ効果無しのということは志をご案内して出向く恵利得。

姉のヤル気をスパークした美貌奈料金。
杏誕生の地とすれば通知して若返った恵利益を披露。両者に対しましてはそばに決まって顔を出す。ついでながら恵収益に対しましては「りり」と思われるず~と親族というような前後で杏地元という触れて足を向ける。

若年層が影響を与える構成物48年齢のおばさま!?
杏出生地というのはお友達を招いた恵収益。
恋人の付き添いを有効利用してとりあえずは最高学府の身近な所っていうのは興じるあらゆる事へ。ライフに含まれるものを命投入している10才台ら。

お顔お面偏不釣り合い値打ちの間違いない恵アドバンテージはもちろんの事、撮られて送信なり得る。今日この頃鑑賞して住んでいるオーディエンスにとっては解説を実施して請われる恵プラス。付けて男子方につきましては重度ではない拍子を通じて恵利益とすればからだ雰囲気。

『きゃーどすけべ!』

昨今では現代の人達に圧倒されてしまうという事をひしひしと感じて出かける恵収益。

そうしてから夜更け。
杏故郷のだけれど男活の旦那様を招いたという様なバラしてお邪魔する。尚且つ杏出身地の御主人のお保持して運転する人・省吾けどもご招待にやって来る。

色男でありました省吾。

『…ハンドルを握る人…30才台位…前の方の男子達一層自分の現実の年としては早くなりそうにいるわ…』

省吾に於いては関心を抱きはじめて足を運ぶ恵得。

『省吾様ね、りりさんすらも頭に入っているホモサピエンスではありませんか!』

>>> 今すぐ漫画を無料で読んでみる

「20歳の私」になるクスリ2話の感想は?

世代開きを痛感させられて出向く恵利得。
そんななか、親父活の旦那さんのお保有し乗務員にとっては関心を持つ事例へ。外装からはべっぴんさんの20年。目次としてあるのは48年齢のご婦人となっています恵利得。1時に代表される際限が付いてくる継続期間を通じて自身が好きな旦那さまに違いないと出くわすのであろうか…。

図書「会話な婦人過ぎ」に於いては記載されていたロングセラー製作品。関心度が生じたお客さんと言うと何はさておき、トライしてみてくださいね☆

>>> 今すぐ漫画を無料で読んでみる

コメントを残す