月華国奇医伝2巻ネタバレとあらすじに感想も!最新刊を無料で読む

月華国奇医伝 第二巻

内容紹介

月華国の王都で暮らすことになった医術師の娘・胡葉。数少ない胡葉の理解者でパトロン(?)の皇太子・景雲が、“味方につけておきたい”刑部侍郎の娘、芳琳の病名をあっさり診断してしまったまでは良かったのだが?

発売日:—–

作品情報

著者 : ひむか透留
出版社 : KADOKAWA
レーベル : あすかコミックスDX

>>> 今すぐ漫画を無料で読んでみる

月華国奇医伝2巻のあらすじは?

強盗をした少年 天佑(てんゆう)は妹の治療をさせまいと胡葉の前に立ちふさがります。

どうやらこのもの王都では、神の力を使って病人を治すという、怪しい”輪教(りんきょう)”というのが好評しているようです・・・。

>>> 漫画を無料で読んでみる

月華国奇医伝2巻のネタバレは?

胡葉は、天祐に輪教ではありませんし”医術師”だと説明します。

するとこの商品に、景雲と時英が現れました。

事由を聞き、治療代の代わりに少年を屋敷の下働きとして雇うケースにした景雲。

少年は喜んで引き受けるということにしました。

その後、時英と2人きりになった景雲。

胡葉の医術の腕と尋常でない記憶力の才能に気づいた景雲は、「氾刑部侍郎(はんけいぶじろう)の件、胡葉にやらせてみるか」と提案するのでした。

この場合の頃、蘭州にいる胡葉の母。貴重に夫のノアが帰宅しました!

胡葉が王都に行っていると知ったノアは「胡葉は確かに素晴らしくだが、医術師としては致命的な汚れがある・・・」と娘を気が気します。

景雲がこの先胡葉の元を訪れました。

「氾子墨(はんしぼく)という貴族の娘の具合が残念なそうなのだ」と景雲。

近ごろ、輪教の氾の家には神司が訪れているようですが、景雲は胡葉に娘の具合を見てカタログのと頼みます。

じきに、時英とシンと全員で氾の屋敷を訪れた胡葉。

娘の部屋には、輪教の天声様が炊いたお香が充満していました。

たんと嫌な匂いに頭がくらくらする胡葉。だけど娘の腹部を触診します。

どうやら娘は虫垂炎だろう胡葉。今にもではもってまた一日だと釈明します。

娘を助けるからかには腹を切って手術すると記載する胡葉に、「二度と来るな!!」と怒ってしまった氾。

しかしながら胡葉は、たぶん連絡が来るだろうから手術の準備をしよう!と張り切るのでした。

手術で設置する麻酔に”コカノハ”が時にだと言う胡葉。

王都のお店を調べてもらいますが見つかりません。

10万円で、会社の元を訪れ聞き込みを開始しました。

しかし、コカノハ探しは気がかりのであればに難航し、見つけ出すことができません。

あまりいう中、コカノハが輪教にあるのではと思いついた胡葉。

娘の部屋でかいだお香の香りの中に、コカノハの香りが混ざっていたという作戦を思い出したのです。

コカノハを求め、輪教の教団屋敷に忍び込む事になった胡葉たち。

景雲が皇太子だと知らない胡葉は、何を示している迷いもないし景雲の背中を踏み台にして屋敷に侵入しますw

なんとかコカノハがありそうな建物までやってきた2人。

しかし、どうにか見張りの者に見つかってしまいました!

「牢に連れて行け!」と胡葉を捉える見張りの男性。

すると後ろから、別の男性が現れました。

「岳さん!?」と声をかける胡葉。

岳世南(がくせなん)という薬売りで、胡葉の父親と昔からの知り合いのようです。

なんとか岳から無事にコカノハを手に入れ帰宅した2人。医療道具をもち、これから氾の屋敷を訪れます。

今度は景雲が直々に氾を話します。

「部下の確信も厚い人たちは私の月華国に肝心なな人材だ」と説明ををする景雲。

「どのような感じか私を信じてはもらえまいか」と、娘の手術を胡葉にさせてカタログのと頼みます。

景雲はまさにしてでも手術を成功したと言える状態させ、氾の頼りにがカタログのようです。

景雲の相談に承諾した氾。胡葉に「娘をよろしかったら頼みます」と頭を下げました。

肝心の娘は「腹を切られるなんて嫌だ」と泣きわめきますが、シンの真面目な相談に手術を受ける状況を了承しました。

「私の手を握っていて…くれる?」と顔を真っ赤にしてシンに手を差し出す娘。

シンの片手が使えなくなったためにと考え、手術の助手に時英が駆り出される事情になりましたw

結局3人での手術が開始されました。

>>> 漫画を無料で読んでみる

月華国奇医伝2巻の感想は?

2巻では家族で主人公の傾向が光りました!

時英はやりて営業マンのようでした。

シンは口数はお小遣い程度です手法のはなはだ熱いハートの持ち主のようで、めっちゃかっこいいです。

娘が手術前にシンに手を差し出した数個に、わかりすぎます

>>> 漫画を無料で読んでみる

関連動画(YouTube)


コメントを残す