天使の腐臭3巻ネタバレとあらすじ!最新刊を無料で読む

天使の腐臭 6

内容紹介

「杏奈、ほら、ごはん!」。押し入れの中に住む杏奈に、まるでエサのように投げつけられる母からのコンビニ弁当。これが杏奈の食料。戸籍のない子供として母に育てられた杏奈は、毒母の気分次第で虐待を受け、自分を押し殺して息を潜めながら生きてきた! そんなある日、母の恋人から杏奈に強要されていた忌まわしい秘密が明らかになって……。母親の愛を知らず、常識を知らない虐げられて育った少女から目覚めた別人格、春奈! さらに新たな別人格が生まれて――! 愛憎満載のピカレスクロマン、第6巻!

発売日:—–

作品情報

著者 : 長崎さゆり
出版社 : ぶんか社
掲載誌 : ストーリーな女たち

>>> 今すぐ漫画を無料で読んでみる

天使の腐臭3巻のあらすじは?

怜二は野村を使い何個かと調べまわるが、滅多に杏奈を手にする事例が出来ずイライラしていた。

修介は”渡航に行こう”と春奈を誘う。デパートに出かけた二人は、春奈が指差すぬいぐるみが品のとこれでやっとのことでねだった。

毎日心を開いて来た春奈に、修介は焦る多少もあったが嬉しさの方が強かった。

春奈は修介に資金を貰い、会計を済ませると大事そうにぬいぐるみを抱えて修介の元へ急いだ。

すると、目の前で誰かと騒いでいる女が居た。すれ違いざまに女の方に視界を向ける春奈。

目が合った際、春奈は倒れてしまった。修介は慌てて春奈の元へ駆け寄る。即にの足で病院へ急いだ。

美代子は私の子供だと気づかないままでで、逃げるように去っていった。

その間、怜二達は修介に近づこうとするが野村が脅迫の為に送ったDVDのせいで修介に勘付かれてしまっていた。

野村がヘマしたせいで、怜二は怒りを抑えきれなかった。

野村を準備すべきものであればはに殴り「自分自身を訴えるなら訴えれば望ましい。だが出た折お前を絶対に殺す」と野村は怜二の脅しにビクビクしながら「どのようなことでもやるから助けてくれ」と殴られた顔で泣きながら怜二にすがった。

「こんな顔なら診察に行けるよな?」と不気味な笑顔で言い放った。

野村は顔を腫らした姿で修介の病院へ行った。だが、修介達は杏奈を病院へ連れて行っていたので怜二達の手法は他に失敗をに終わる。

>>> 漫画を無料で読んでみる

天使の腐臭3巻のネタバレは?

元より修介に会うのも杏奈はここで初めて。知らない人に付いて行くのも会話するのも意義の流れらないののように、修介は探り探りのコミュニケーションを取っていく。

日々の食事は美代子が買ってくるパンやお弁当のみ。春奈は積極的でなんでも外の世界に興味を示していたが、杏奈はこのような逆。

心が幼いのかぬいぐるみを抱き締め俯いたように。修介が知っている春奈の姿は、以後何処にも無かった。

家に着くと杏奈は車の中で寝てしまっていた。杏奈を抱き上げると此処に来た時より遥かに体重が増えているのがわかった。

家の中に入り、そっとベットに下ろすと”ガタッ”と音が鳴る。

田舎だからか、鍵をかけない行動が身についてしまった為、脅迫されているのにも関わらず「無用心な事をした・・」と家の鍵を閉めまわる。

背後から、怜二達の姿に気づかず修介は怜二達に両手足を縛り上げられてしまった。

こんな物音に、驚きした杏奈は飛び起きて「ママ・・!?」とふいに叫んでしまった。

それに断定した怜二は、クリーンに杏奈に歩み寄る。「杏奈・・俺だ。怜二だ」と。

野村は「俺は逃げてすばらしいのか、帰って見事なのか」と怜二に詰め寄る。

怜二は野村のお腹をナイフで一突き。その場に倒れ込んでしまった。

「あっけねぇな」

と鼻で笑うが、杏奈は静かに無表情で怜二を見つめた。

杏奈も縛り上げ、逃げられないように別の部屋に隠すと、今度は修介に脅迫を始めた。

銀行に行けば「三億円ある。このような金をやるから私達二人を自由にしてくれ」と怜二に頼むが、運転資産を貰うまでは決められないと不気味な笑顔を浮かべた。

野村の死体を修介はスムーズに解体し二人は銀行へ急いだ。

杏奈は薄暗い昔の防空壕の中。迅速で杏奈を見つけたい修介は、銀行でここの先一千万円を怜二に渡した。

これっての間、美代子と美代子を拉致したヤクザ達は、怜二の居場所などを調べ上げていた。

資産を手にした怜二は局部麻酔にする事を条件に修介に整形を頼んだ。

修介にも考えがあり、杏奈の居場所を怜二から聞き出すという運用目的のようなので首から下だけに麻酔をした。

顔を整形するのに顔には麻酔をしていない通りに手術すると脅し、どうにかして杏奈の居場所を突き止めた。

雨が降る中、修介は杏奈が居る防空壕へ向かった。

>>> 漫画を無料で読んでみる

関連動画(YouTube)





コメントを残す