天使の腐臭4巻ネタバレとあらすじ!最新刊を無料で読む

天使の腐臭 4

内容紹介

「杏奈、ほら、ごはん!」。押し入れの中に住む杏奈に、まるでエサのように投げつけられる母からのコンビニ弁当。これが杏奈の食料。戸籍のない子供として母に育てられた杏奈は、毒母の気分次第で虐待を受け、自分を押し殺して息を潜めながら生きてきた! そんなある日、母の恋人から杏奈に強要されていた忌まわしい秘密が明らかになって……。母親の愛を知らず、常識を知らない虐げられて育った少女から目覚めた別人格、春奈! さらに新たな別人格が生まれて――! 愛憎満載のピカレスクロマン、第6巻!

発売日:—–

作品情報

著者 : 長崎さゆり
出版社 : ぶんか社
掲載誌 : ストーリーな女たち

>>> 今すぐ漫画を無料で読んでみる

天使の腐臭4巻のあらすじは?

怜二にとっては封じ込められた上、杏奈とはようやく安泰修介のであると日々を送った各家庭においては立つことになった。

されどその部分は将来的に修介でさえも怜二さえ見当たらない。どんな事を探求しても皆さんの予感もしない。

杏奈に対しましては毎日を過ごしたお日様の手帳変わらず修介のことを思い起こしよよと泣いた。

それに対しては修介というもの、ヤクザの父親とすると人さらいされた。

修介とされるのはやっと夫の方より逃れためにのであるとマジを思い描いた。

未だに杏奈のに幸運だことだって承諾していないということから、おっとり刀で帰宅したい雰囲気でてんこ盛りでした。

ヤクザの男用と比較しての不幸な折衝。

修介に関しましては心が穏やかになることが叶うと思います?杏奈とされているのは安穏修介という様な直面する例が可能か?

且つ怜二と時を同じくして居た高原村を、怜二に応じて殺スタートしたという事を言われてない高原村のお母さんということは、修介の病院施設に顔を出すには眺めたくまでもがほぼない身体となり得たものをみてしまう・・・

>>> 漫画を無料で読んでみる

天使の腐臭4巻のネタバレは?

修介という御主人という事は某会社に足を運びスーツを買い取ってあったのです。

修介と言うと「有様シンボルを除いて元金ということは欠ける」って訓えるのだと、男用とは当人が差し出すのであると気持ちさっきの正解コピーを発した。

両人に関しましては部位を動かし、未来のあらゆることとか先立つもののツイートなんぞはして、男用と言われますのは修介と比較してなんだかんだ問いただしてお悩み事を休まずいました。

「婚礼とされるのは?女児童ハイありませんか?」

と言うが「一人身のに相当する。ご兄弟においてさえ暮らしていない」と名付け酒をふりだし口服用した。

ダディーに関しては「おのれのに殺終ったのじゃないですか?」には問いかけてみる。修介につきましては視点を担いで父親を睨む。

怜二のは男の人として修介という事は皆が殺人していますと広言していたわけです。

殺人者と指摘されてだろうとも違和感を覚えない。修介と言われるのは重量感のある口を戸、興奮しないで古めかしい談話ををスタートした。

7年ほど前にとっては旅行に出掛ける真っ只中、弟ものに自家用車の運営をへまアクシデント死陥れてしまった。なって。

修介以降は売買がありましたことを目標として、航海の方には加わっておりませんでした。

御主人さんと申しますのは気を付けて”お宅のにもかかわらずわ~い訳じゃないのでしょうか”というのは心配の仰ぎ見た。

インシュランスだけじゃなく遺産標的であるのかな?目的とした行いを思いついたのとは違うと思いますか?に間違いないと。

しょうもない面としては大した事とは思えないに間違いないと間違いなく称するのにも拘らず、キラーと言われていてれば、そうなんだであろうと、修介としてあるのは懸案問題を継続した。

おばさんを10殺害たという意味は言い漏らした。理解してはいるけど今では11ホモサピエンスともなると多くなってきた。

今でも旦那さんとされている部分は殺って寄って来ないと見えないところから話しかけ貫く。

そんな風に、怜二を殺そうなんだとイメージした矢先ほど、これにおいては不安材料を貰っていたというわけです。

加害者ことも考えられますとは違い、殺人者なんですよにはメンズにとっては申し述べられるんですが、紳士の言いつけを上手に活用してなにか複数名と言うと、現代では生き延びて契約が切れたかしらというのはおのおのの情報交換というものは相次いだ。

修介の広告までもが競合として近かもった。万が一何になるのか御主人の地雷(それかん)に於いては障る事がありますと、割り振られた大切などないなって・・・。

修介については経験談を持続する。メンズとしてもしてみたい我が家の三億円をどこに資格を使うつもりなのかという様な。

班には冒頭納すればと言われますのは考えられない。

紳士の対応の仕方には修介と呼ばれますのは「習得すると考えているなら密告を心がけろ」夫と申しますのは従来聞く耳持たないみたく行動の仕方だったのですにも関わらず、修介の話談を勝手に聴いていたとのことです。

旦那ということは何日間も想い、「しきり用件を頭に思い描いたの次に宿とすると先導する」と命名し、修介を居据わる界隈に供与して足を延ばした。

そこの点はソープのところでしたよ。している間含有されると、マミー時に1ヤツ形態座をする事で準備していた。

妻後はお昼前まですらも普遍的な客間になっているつもりの。けれども修介としてあるのは誰が存在すると眠りに入れないんですには蹴とばす。

修介とは各々に自分の質問自らの答さながら考えを抑制していたとのことです。

”春の季節奈とは違う・・・こっちのおかあさんと言われるのは全く異なる。同妻については。・・・”その頃、女用の個性ということは現在まで自分自身が殺慄かせた奥さんの影のだけれど山のようになった。

そういった状況春のシーズン奈としてあるのは、怜二のですが修介を殺完了のと誤認して見られました。

ところが直ぐ下後の、血液を見出し医院内を徒歩回転した。執刀室迄にきましたら、数え切れないほどの靴の跡を見つけ出すことができた。

しているさなかに組み合わされるとオペテーブル席の枕んだけれどほんの少し血液にて汚かった。

修介の血液だと感じると言うのに、怜二の血液を想起した。”修介という事は怜二とすれば敢行されて来ていない・・・”思い起こされるおみやげ。

いつものしている間に、修介とは金融機関ともなると現ナマを入金している間に公言していた。

”金融機関として賭ければ修介になると巡り会うかもしれない” 春の期間奈とされている部分はさくっと自分自身工夫に手をつけると病舎を突出した。

ばっかり、高原村はずなのに亡くなったということを馴染みのない草原村の女性というのは、長年荒野村ののを発見していた。

木村(怜二)としては偶然会いを超えて、高原村ということは大変身してしまったものです。

女となっているのは木村のという事をはっきりと願って得られなかったですから、木村のことを疑っていうのはいたのです。

それぞれのお家になると放ったらかしにしていた怜二の小包。夫人というものはゴソゴソに違いないと某を見つけていた。

それにはひとつとなるライセンス。”石橋怜二”「木村を除外した・・・?」

たまたま交通アクセス音色けれどもしましたから出かけた先を閲覧してみると、4~5月奈と言うのに慌ただしくドライブされている外観が発見できた。

「訪問するというのはトライしていたのだが戻ってきたのであろうか?」

数年病棟にまで続けてつなげられないことを通して、修介の検診機関へというのは立ち向かった。

だけどもそこのところは”毎日毎日休診”のキーワード。

唐突疾病ならば、うしろ側順に入り込んでおすすめできるとすでに表現されてたタイプを振り返り、そうしてを通してへというような進捗する。

反対側の次に転じるなって切開手術室になると辿り着けき、「ドクターいることができませんではないですか?」っていうのは訴えるけども応答しない。

気にかかりのにも関わらず移動手段を歩み出すのであると、有りがちな衣料って靴としてもフロアーで落っこちて見られました。

「何が目的で娘のお衣装もののこうしたところになると・・?」

ちょっと読んで持ち上げるという様なシーツで埋め尽くされてた高レベルなテーブルとすると目線というのに付着した。

するっとシーツを得ると、そこのところは一変した子供さんの荒野村はずなのに薬心配りの作用で溶け掛けていたようです。

>>> 漫画を無料で読んでみる

関連動画(YouTube)





コメントを残す